QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




グローバル化は足元からやってくる ~国際学で切り取る世界と社会~

2017年4月16日

2017年4月16日 00:49

桜は、人々の過去と未来を繋ぎながら咲く

桜の季節も終盤に入りました。

今年度、私は勤務校で留学生向けの「日本事情」をも担当することになりました。講義後、あるネパールからの留学生から、姫路にお花見に行ったのですが、なぜ日本人は桜が好きなのですかという質問を受けました。

なぜ、日本人は桜が好きなのか定かではありませんが、随分前から日本人は桜が好きだったようです。

平安初期の『古今和歌集』には、桜を詠んだ歌が70首あったそうです(「昔は桜より梅が人気?花見の歴史の知られざる変遷を紹介」サイト『花と贈りものだより』)。鎌倉時代及び安土桃山時代には、武士階級にも桜のお花見が広がり、江戸時代には庶民の間にも花見文化が浸透していったとされます(同上)。

桜の花は21世紀でも日本人のお気に入りです。2000年以降の歌謡曲を見ると桜は大ヒット曲の主役になっています。

コブクロ「桜」(2000年)
福山雅治「桜坂」(2001年)
森山直太朗 「さくら」(2003年)
河口恭吾 「桜」(2003年)
レミオロメン「3月9日」(2004年)
ケツメイシ「さくら」(2005年)
いきものがかり「Sakura」(2006年)
FUNKY MONKEY BABYS 「Lovin' Life」(2007年)
AKB48「桜の栞」(2010年)

これらの名曲は、卒業等に絡んで「別れの曲」、4月を迎えて新しいスタートを(改めて関係性を継続することを含めて)「始める曲」に分類できると考えます。

「別れの曲」の代表作は、森山直太朗 さんの「さくら」(2003年)であり、コブクロ「桜」(2000年)、いきものがかりの「Sakura」(2006年)になるでしょう。

改めて「始める曲」としては、河口恭吾さんの「桜」(2003年)やレミオロメン「3月9日」(2004年)、FUNKY MONKEY BABYS 「Lovin' Life」(2007年)等が該当するのではないでしょうか。

桜は、卒業式シーズンから入学式シーズンをカバーして花を咲かせます。別れと(年度が変わっての)4月からの出会い、あるいは関係性の継続を見守り続け、春の人間関係の多様なメタファーになっているのです。

そして、桜は過去と未来を結びます。

「別れの曲」では過去の時間を、「始めの曲」では未来に向いているのです。

桜は開花から満開まで半月ほどです。気温や気候によって変化はしますが、最長でも1カ月、桜の花を見続けることはできないでしょう。

その短い「命」に、多くの日本人の時間を繋ぐ役割を担います。短い花にもかかわらず(だからこそ)、桜は人々の過去の記憶と未来の理想のメタファーになり得るのでしょう。
プロフィール
安井裕司
安井裕司
エジンバラ大学、バーミンガム大学博士課程に学ぶ。その間、ルーマニア・アカデミー歴史学研究所研究生。国際政治学博士(PhD)。国連大学国際紛争研究所インターン、夏期講習クラスコーディネーター、法政大学国際日本学研究所客員研究員等を経て、現在、早稲田大学エクステンションセンター講師、日本経済大学神戸三宮キャンパス教授。
月別アーカイブ
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
カテゴリーアーカイブ
カンボジア (27)
スイス (25)
スポーツと社会 (113)
ネパール (15)
国際事情(欧州を除く) (223)
大震災/原発事故と日本 (28)
御挨拶 (13)
日本政治 (121)
日本社会 (257)
映画で観る世界と社会 (278)
欧州事情 (92)
留学生日記 (61)
英国 (95)

ページトップへ

カレンダー
<< 2017年04月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
構造的暴力としての人種差別
21世紀でも(だから)魔女はつらいよ: 映画 『塔の上のラプンツェル』にて絶対悪となった魔女
終戦記念日に「消極的平和」のみならず、「積極的平和」を願う
欧州における世間とは何か: 映画『マグダレンの祈り』が見せつける世間体の壁
課題は、東京の大学の「関東ローカル化」なのでは?
最新コメント
はじめまして、書き込...
Posted by たか
あなたもまだお若い。...
Posted by 葵東
青春時代に見て感動し...
Posted by 小林 千三
私は韓国に住んでいま...
Posted by 七色無職
†講談社「週刊現代」...
Posted by 鈴木有介
最新トラックバック
この社会での性的魅力
from 哲学はなぜ間違うのか
ひとつ/長渕剛(Cover)
from 今日の天草