QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




グローバル化は足元からやってくる ~国際学で切り取る世界と社会~

2017年4月 1日

2017年4月 1日 01:15

大切なのは場所ではなく人なのではないか?:映画『築地ワンダーランド』が強調する「信用」

前回、「空気の政治学」と題して、時代を越えて日本の政治を支配する「空気」について論じました。一方で、日本には変わらない美徳もあります。

『築地ワンダーランド』(原題 Tsukiji Wonderland)
制作国 日本
制作年 2016年
監督 遠藤尚太朗

あらすじ
【1935年に日本橋から移転して以来、80年以上も日本の食文化を支える東京中央卸売市場(築地市場)の四季を描いたドキュメンタリー。1年の「海の幸」の変化を通じて表情を変える築地市場は、毎日約14,000人の関係者、購買者約28,000人、入場車両約19,000台で賑わっている。そこは単なる機能的な市場ではなく、海産物に関する情報交換という知の交流センターである。そのシステムは何よりも、築地に係る人々の信頼によって成立している。】

『築地』の著者であるハーバード大学のテオドル・ベスタ―教授は、この映画の出演者の一人であり、ナビゲーターのような役割を担っています。同教授は、築地市場で働く方々は、日本の古き良き伝統的な労働観を維持していると語ります。自分の価値観をはっきり持ち、信念に従いながら、「仲間」を信用し、同時に全体の利益を鑑み、惰性に流されることなく日々の仕事に緊張感を持って励んでいるというのです。

異論はないのですが、そうであるとすると、日本では、なぜ築地の「空気」と政治の「空気」は違うのでしょうか。「空気」が決めてしまう無責任な日本の意思決定システムは、伝統的ではないのでしょうか。

「築地学」は「日本学」にどのように位置付けるべきなのでしょうか。

さて、日本学的な考察は別として、この映画は豊洲移転を前提に作られています。しかしながら、その豊洲移転が現実化するか分からなくなっている時に、本作品は重要なことを示唆していると考えます。

地下水等の安全基準は重要ですが、(ある程度の基準をクリアした段階を前提に申せば)卸売市場において最も重要なことは、「信用」を作り出す人間関係であるということです。

築地も80年前に鉄道等の輸送方法の近代化に合わせて移転したにもかかわらず、その新しい市場に伝統が息づいてきたのです。

そのような意味では、作品の中でも描かれますが、高齢化に伴う後継者問題は深刻です。日本の伝統市場文化が継承できなくなっているのです。

ここからは推測の域を出ませんが、人がいなくなるのですから市場の縮小か、機械化・ロボット化か、外国人労働者化しかないように思えます。いずれにせよ、築地が継承してきた伝統文化を維持できるでしょうか。

本質的な問題は築地か豊洲かではなく、人なのです。

プロフィール
安井裕司
安井裕司
エジンバラ大学、バーミンガム大学博士課程に学ぶ。その間、ルーマニア・アカデミー歴史学研究所研究生。国際政治学博士(PhD)。国連大学国際紛争研究所インターン、夏期講習クラスコーディネーター、法政大学国際日本学研究所客員研究員等を経て、現在、早稲田大学エクステンションセンター講師、日本経済大学神戸三宮キャンパス教授。
月別アーカイブ
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
カテゴリーアーカイブ
カンボジア (27)
スイス (25)
スポーツと社会 (110)
ネパール (15)
国際事情(欧州を除く) (217)
大震災/原発事故と日本 (28)
御挨拶 (13)
日本政治 (115)
日本社会 (250)
映画で観る世界と社会 (260)
欧州事情 (89)
留学生日記 (59)
英国 (80)

ページトップへ

カレンダー
<< 2017年05月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
「若さ」を求め「老い」を狼狽える: 映画『サンセット大通り』に描かれる単線的な悲劇
マンチェスター・テロ事件を考える: 英国生まれの容疑者の「英国性」を直視しなければいけない
女優誕生の形式(パターン)と芸能界: 映画『イヴの総て』における重層の「踏み台」
なぜ、マクロン大統領と大統領夫人の年齢差は許容されるのか?
北朝鮮問題において危機感がないのは誰なのか?
最新コメント
Buy gemstfone bbrace...
Posted by luxury bracelet for women
Buy gemstfone bbrace...
Posted by luxury bracelet for women
Buy gemstfone bbrace...
Posted by luxury bracelet for women
Buy gemstone bracele...
Posted by natural stone bracelet
はじめまして、書き込...
Posted by たか
最新トラックバック
この社会での性的魅力
from 哲学はなぜ間違うのか
ひとつ/長渕剛(Cover)
from 今日の天草