QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




グローバル化は足元からやってくる ~国際学で切り取る世界と社会~

2016年5月 2日 15:03

熊本の「空き巣」は何かを意味しているのか?

タレントのビートたけしさんが、「ビートたけしのTVタックル」(4月24日放送)で、熊本地震の被災地で発生している空き巣被害について、「あいつら、射殺しろよ」と訴えたこと(SANSPO.COM、4月24日)が問題視されています。

堀江貴文氏は4月24日にツイッターで、被災地での空き巣は人間として最低の行為であるという前提の上で、「窃盗罪の処罰の最大限を適用しろって言うのは良い」が、「『射殺しろ』と社会的影響力がある人がいうのは問題がある」と指摘し、「今のたけしさんがいうとシャレでは済まないと思う」と続けています(日刊スポーツ、4月25日;Huffingtonpost, 4月25日)。

私は、東日本大震災の際、当ブログにて「なぜ日本では略奪行為が少ないのか」(2011年3月31日付)を記しました。そこで、私は仮説として「おそらく、従来、後進性と共に述べられてきた(相互監視を含む)「世間」的共同体が、最大限プラスに作用した結果なのではないか」と述べました。

今回の熊本地震では、空き巣被害が報じられています(産経WEST4月23日;朝日デジタル2016年4月23日;西日本新聞 4月24日)。1995年の阪神・淡路大震災の際は殆どなかったと言われていますが(当ブログ、2011年3月31日)、2011年の東日本大震災、2016年の熊本地震と空き巣や増えているとすれば、何かが変化していると考えるべきでしょう。

このような震災時において暴動が生じるのは、欧米社会では珍しくないのですが(欧米ではミシェル・フーコーが言うところの政治権力による「監視のまなざし」が一時的に遮断されることによって生じると考えます)、この点でも日本は欧米化していっているのでしょうか。それとも、日本の独自の理由があるのでしょうか。

私の印象では熊本地震でも、(コンビニに整列する人々の姿からも)全体としては十分に秩序が保たれているように見られます。まだ、日本では災害時に効果的な「世間」の目があるように思えるのです(それはもちろん、良いことです)。

たけし氏の「殺害しろ」というコメントは当然、度を越えていますが、共同体の「世間の目」がなくなった時、代わりになる何らかが求められていくのかもしれません。

しかしながら、たけし氏の問題点は、文化人(映画監督)として許されることと、タレント・ビートたけしとして「毒」を吐き続けることに矛盾が生じているのかもしれません。(今回の言葉は受け入れられないとしても)子供の頃からビートたけしさんの愛に満ちた「毒」を見聞きして育ってきた世代の私としては、それはそれで、残念であるようにも感じます。

この記事へコメントする

プロフィール
安井裕司
安井裕司
エジンバラ大学、バーミンガム大学博士課程に学ぶ。その間、ルーマニア・アカデミー歴史学研究所研究生。国際政治学博士(PhD)。国連大学国際紛争研究所インターン、夏期講習クラスコーディネーター、法政大学国際日本学研究所客員研究員等を経て、現在、早稲田大学エクステンションセンター講師、日本経済大学神戸三宮キャンパス教授。
月別アーカイブ
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
カテゴリーアーカイブ
アジア事情 (34)
カンボジア (27)
スイス (27)
スポーツと社会 (141)
ネパール (26)
国際事情(欧州を除く) (237)
大震災/原発事故と日本 (30)
御挨拶 (15)
日本政治 (129)
日本社会 (309)
映画で観る世界と社会 (352)
欧州事情 (100)
留学生日記 (95)
英国 (100)

ページトップへ

カレンダー
<< 2018年02月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
最新記事
誰がハーヴィー・ミルクを殺したのか?: 映画『ミルク』が描く1970年代の米国社会
北方領土2島返還は「国のかたち」を大きく変化させるのでは?
善き市民でさえ、ある日、突然落ちていく: 映画『わたしは、ダニエル・ブレイク』が社会に問うこと
革新的保守、ブログ、サザン、阪神、尼崎、そして酒
ブログ終了前のご挨拶
最新コメント
武蔵は春田に言います...
Posted by S
はじめまして、書き込...
Posted by たか
あなたもまだお若い。...
Posted by 葵東
青春時代に見て感動し...
Posted by 小林 千三
私は韓国に住んでいま...
Posted by 七色無職
最新トラックバック
この社会での性的魅力
from 哲学はなぜ間違うのか
ひとつ/長渕剛(Cover)
from 今日の天草