QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




グローバル化は足元からやってくる ~国際学で切り取る世界と社会~

2012年4月29日 07:10

「iPad革命」(3):「革命」の限界性

過去2回に渡って、「iPad」が文字を操れない幼児を惹き付け、文字が読み難くなっている高齢者に易しく、障害者教育等にも貢献している現実を「革命的」であると記しました(アップルのホームページでは自ら「目に見えて革命的」と謳っています)。

しかしながら、その「革命」は先進国に限定されるように考えます。なぜならば、「iPad」がほぼ世界共通価格であるからです。

2012年3月に発売された最新の「iPad」(16GB)の価格は日本円で42,800円となっています。米国では499ドル、 フランスでは489ユーロ、英国では399ポンド、スイスでは529フラン、オーストラリアでは539豪ドル、インドでは30,500ルピーと、世界中で「iPad」の価格は殆ど変わりません(価格は各国のアップル・ホームページから)。

周知の通り、 「iPad」を販売するアップル社は、米国カリフォルニア州に本社がありますが、台湾のフォックスコン社(富士康)がアップル社製品の製造を請け負っており、「iPad」は中国(深圳市)の同社工場において大規模に生産されています。

つまり、中国の安価な労働力によって安く造られた「iPad」は、ほぼ同価格で世界中に売りに出されるのです。まさにグローバル化を体現しているのですが、世界の所得水準は同額ではありませんので、当然、42,800円という価格は、日本と途上国では受け止め方が異なります。

もちろん、途上国は概して貧富の格差が大きく、途上国においても、42,800円を高いと思わない人は少なくないでしょうが、絶対に手が届かない人も何倍もいるのです。

例えば、「iPad」の実質上の製造国であります中国では「iPad 2」の価格は2,988元ですが、2010年における中国の全国都市部の非私営企業の平均給与は年、3万7147元(国家統計局、2011年5月)となっていますので、「iPad」の価格は都市労働者の約1ヶ月分の平均給料となります。

中国では格差が拡大しており、一部では、2008年の段階で年収30−100万元(450万円~1500万円)の新富豪層が 5千万人に達していると報じられています(China7、2008年6月5日)。ですから、市場としては十分成立するでしょう。ただ、それでも、約13億人の総人口を考慮すれば、僅か4%にしか過ぎません。

つまり、約3000元という価格の「iPad」は比較的豊かな都市部においてさえ、殆どの人にとっては高嶺の花なのです。
【中国では「iPad」の類似品である所謂「偽物」が多種出回っているとされます。私は全くもって肯定するつもりはありませんが、「偽物」が登場する理由を探せば、上記のような貧富の差も背景にはあるのでしょう。】

一方、先進国では国民の全てが4万円強のコンピュータを購入できると言えなくとも(そのような選択をするかどうかは別ですが)大半の人にとっては難しくないでしょう。

つまり、「iPad」の価格は、先進国では幼児や高齢者をコンピューター社会に取り込む「革命」を促すのですが、国内の貧富の差が大きい途上国ではたとえ便利ではあってもとても高価なモノになってしまい、「革命的」に大衆によって需要されることが現段階では不可能なのです。

そもそも、パソコンの普及率においても今日、先進国と途上国ではかなりの格差がありますので、「iPad革命」の限界性も当然なのかもしれません。

上記をどのように理解し、判断するかは立場によって異なるでしょう。肯定も否定もあり得ます。

ただ、先進国においては、誰でも使えるタブレット型コンピュータを多くの国民に普及させることができれば、今までコンピュータに無縁であった人々(社会的な弱者も少なくないでしょう)と日常的にコンピュータを使いこなす人々との情報格差を是正することになります。そして、それは現在の途上国では難しいのです。

グローバル化は世界中の大都市の均質化をもたらし、先進国と途上国の経済格差は縮小しても(あるいは、途上国という枠組みが将来的に意味のないものになっても)、各国内、各都市内はより経済的に格差化すると予想されます。経済格差は多くの場合、情報格差と重なります。タブレット型コンピュータの登場によって、先進国社会に「革命的」変化がもたらされるなら、グローバル化に対し、情報面において一石を投じるのことになるのかもしれません。

プロフィール
安井裕司
安井裕司
エジンバラ大学、バーミンガム大学博士課程に学ぶ。その間、ルーマニア・アカデミー歴史学研究所研究生。国際政治学博士(PhD)。国連大学国際紛争研究所インターン、夏期講習クラスコーディネーター、法政大学国際日本学研究所客員研究員等を経て、現在、早稲田大学エクステンションセンター講師、日本経済大学神戸三宮キャンパス教授。
月別アーカイブ
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
カテゴリーアーカイブ
アジア事情 (34)
カンボジア (27)
スイス (27)
スポーツと社会 (141)
ネパール (26)
国際事情(欧州を除く) (237)
大震災/原発事故と日本 (30)
御挨拶 (15)
日本政治 (129)
日本社会 (309)
映画で観る世界と社会 (352)
欧州事情 (100)
留学生日記 (95)
英国 (100)

ページトップへ

カレンダー
<< 2018年02月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
最新記事
誰がハーヴィー・ミルクを殺したのか?: 映画『ミルク』が描く1970年代の米国社会
北方領土2島返還は「国のかたち」を大きく変化させるのでは?
善き市民でさえ、ある日、突然落ちていく: 映画『わたしは、ダニエル・ブレイク』が社会に問うこと
革新的保守、ブログ、サザン、阪神、尼崎、そして酒
ブログ終了前のご挨拶
最新コメント
武蔵は春田に言います...
Posted by S
はじめまして、書き込...
Posted by たか
あなたもまだお若い。...
Posted by 葵東
青春時代に見て感動し...
Posted by 小林 千三
私は韓国に住んでいま...
Posted by 七色無職
最新トラックバック
この社会での性的魅力
from 哲学はなぜ間違うのか
ひとつ/長渕剛(Cover)
from 今日の天草