QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




グローバル化は足元からやってくる ~国際学で切り取る世界と社会~

2012年2月 5日

2012年2月 5日 00:00

ある小規模企業の人事からグローバル化を考える(2)

10年程前、英国・北イングランドのある日系中小企業を監査した担当者に話を聞いたことがあります。工場ごと日本から英国に移転してしまい、工場と一緒に英国に渡った日本人社員の方が「英語も興味なかったし、勉強もしなかった。今、必死ですよ。まったく海外に住むなんて自分の人生計画になかったのに、なぜなんでしょうね」と語っていたそうです。

グローバル化とはそういうことなのです。

この時代、大学を出た後、就職先の企業の規模、職種にかかわらず、地球のどこで仕事をするか分かりません。

「私の出身大学はTo-dai!」、「Waseda!」、「Keio!」と叫んでも誰も知らないところで生きていかなくてはならない可能性もあるのです。【これは日本の大学だけではありません。ハーバードやオックスフォード等の一部の大学を除けは、殆どの世界の大学は世界で無名です。】

私は、だから、日本の一流大学に行っても仕方ないとか、大学進学は意味がないとかを主張したいのではありません。

むしろ、反対です。

若い方々、お若くない方々も東大、早稲田、慶應、是非、挑戦して下さい。もちろん、そんな国内有名校ではなくても結構。

そして、どこかに入学したら、とにかく本気で勉強して下さい。

日々変化する世界について、グローバル化について、日本の現状について、大学の教員、施設をフルに活用して真剣に学んで欲しいのです。世界のどこでも自分の名前で勝負できるような知力を備えて欲しいのです。

前回、ある学生を採用し、解雇しなければならなかった小さな企業に関して言及しましたが、それは、とても残念な例です。グローバル化の中、全くグローバル化の現状を知らない(昭和のような価値観をもった)学生を採用してしまったのですから。

その会社は今年からはおそらく、採用基準を変えることでしょう。そのような変化こそが、企業のグローバル化なのかもしれません。

上記は、この春から就職が決まっている方(希望通りになった方、希望通りにならなかった方)、就職が決まっていない方にも無関係な話ではないと思います。

日本企業の終身雇用制度は壊れつつあります。グローバル化が進み、欧米企業化すれば数年の雇用契約を延長するような形になるでしょう。今年、就職が決まったか決まっていないかは、一時的なことでしかありません。就職が決まっても安心はできませんし、就職が決まっていなくてもそれ程、落ち込む必要はないように思えます。

職があってもなくても、将来のために勉強してください。経済学、経営学だけではありません(もちろん、経済学でも経営学でも何の問題もありません)。付加価値で勝負する時代です。文学、歴史、美術、スポーツでも、世界のどこかの小さな国の言語や文化でも良いのです。

アップル社の創始者ステーヴ・ジョブズが、大学で学んだことで一番有益だったのは、文字のデザインを学ぶ「カリグラフィー」の教室だったと語るように、何がヒントになるかは分からないのです。

自分の興味を中心にウィングを広げて下さい。そうして、自分自身で、知って考え、行動することでしか、未来に備えることにはならないでしょう。

プロフィール
安井裕司
安井裕司
エジンバラ大学、バーミンガム大学博士課程に学ぶ。その間、ルーマニア・アカデミー歴史学研究所研究生。国際政治学博士(PhD)。国連大学国際紛争研究所インターン、夏期講習クラスコーディネーター、法政大学国際日本学研究所客員研究員等を経て、現在、早稲田大学エクステンションセンター講師、日本経済大学神戸三宮キャンパス教授。
月別アーカイブ
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
カテゴリーアーカイブ
アジア事情 (14)
カンボジア (27)
スイス (27)
スポーツと社会 (132)
ネパール (26)
国際事情(欧州を除く) (233)
大震災/原発事故と日本 (30)
御挨拶 (14)
日本政治 (124)
日本社会 (296)
映画で観る世界と社会 (326)
欧州事情 (98)
留学生日記 (74)
英国 (100)

ページトップへ

カレンダー
<< 2015年04月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
壁の崩壊から見えたこと: 分からなければ手を抜くのか?
VAR:全てが可視化され、スポーツは変わる
ばかばかしさの中に生きる意味を見出す: 映画『世界中がアイ・ラヴ・ユー』に示されるアレン哲学
「譲歩」「敗北」であったとしても問題視しない2人とは?
グローバル化する地震体験
最新コメント
Wonderful blog! I fo...
Posted by dents located
Aѕking questions ar...
Posted by Folder Lock For Windows By Newsoftwares.Net
武蔵は春田に言います...
Posted by S
はじめまして、書き込...
Posted by たか
あなたもまだお若い。...
Posted by 葵東
最新トラックバック
この社会での性的魅力
from 哲学はなぜ間違うのか
ひとつ/長渕剛(Cover)
from 今日の天草