QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




グローバル化は足元からやってくる ~国際学で切り取る世界と社会~

2011年9月28日 23:59

厚みのある中間層は再生できるのか(3):欧米先進国は格差社会?

私はパリやロンドン等の欧州の大都市で、過去に何度かヨーロッパ人の親が(小学生ぐらいの)自分の子供にお金を渡し、間接的に街角のホームレスに「お恵み」を施している姿を目にしたことがあります。それも、教育の一環なのかもしれませんが、昭和の「総中流」社会で育った自分には何か違和感が残りました。

前回、欧米先進国は今も昔も格差が前提となっている社会であると記しました。

そのような欧米先進国も、「階級社会」や「格差社会」が良いと考えてきたわけではありません。近年、国家は多かれ少なかれ経済成長に直結する「分厚い中間層」を肯定します。国民が階層的に分裂してしまう格差化は、国民としての一体感を失わせ、経済的にも政治的にもプラスではないのです。先進国は(80年代の日本の成功を受けて)この数十年、「中間層」の充実を図ってきたように見られます。

例えば、長らく階級社会的な「英国病」に沈んでいた英国では80年代以降、「中間層」の拡大に力を注いできました(拙稿「グローバル化の中での世界のものづくりのゆくえ~英国:「金融立国」への産業転換過程~」、『経営労働』、44(3)通号 507、2009年)。

そして、現在、少なくとも英国では「中間層(ミドルクラス)」は厚くなりました。しかし、その結果、更なる「貧困層」が生まれ、「格差社会」が到来したのです。英国では、労働者階級の何割かを「中間層」化する試みにおいて成功したにもかかわらず、「中間層」化に漏れた下層(の労働者階級)の人々が「貧困層」化してしまうのです(その過程に関しまして、詳しくは8月16日の当ブログ記事にて記述しています)。

実のところ、多数の階層の中間でしかない「中間層」と全てが中間になる「総中流」は大きく意味が違います。

欧米先進国は、中間である「中間層」を充実させても、(実はそれ故に)相対的「貧困層」の課題が解決できないでいるのです。一方、日本は「総中流」の意識を維持しながら、かつての「分厚い中間層」の何割かが下層化し、全体としてずるずる格差化しているかのようです(もちろん、日本にも昭和型ではない先進国型の「中間層」は存在するでしょうが、その層は欧米諸国に比較すると全体として厚いとは言えないのではないでしょうか)。

前回、説明致しました通り、グローバル化とは先進国に「格差社会」をもたらしますので(途上国国内も格差化しますが)、「分厚い中間層」を構築するのは非常に困難です。その上で、先進国が「中間層」を厚くするには、途上国とのバッティングを避けるために、いかに自国の諸産業を付加価値の高いクリエイティブ産業にシフトさせ、そちらに「中間層」を移行させるかが勝負になります(クリエイティブ産業について詳しくはR.フロリダ著『クリエイティブ・クラスの世紀』2007年を参照)。

途上国と生産コストで競っても国内外の市場において敵わないのですから、市場がグローバル化している限り、先進国は値が高くてもより良いモノ、より良いサービスを創出するしかないのです。

しかし、どの先進国も自国の労働者の全てをクリエイティブ産業に移行させることに成功していません。昭和の日本のような「総中流」社会は構築されておらず、欧米先進国は今も「格差社会」なのです。ただ、「格差社会」であることが、欧米先進国にそれなりの「中間層」が形成されつつある事実を否定することにはならないとも考えています。

【*「欧米先進国」という括りはかなり乱暴でありますが、ここではOECD加盟国の主要国を念頭に置きます。当然、それぞれの国家によって状況は異なりますので、より精密な分析のためには、各国との比較が求められますが、今回は日本において「厚みのある中間層」は再生できるのかが主題であるため、各国の状況は省かせていただきます。】

プロフィール
安井裕司
安井裕司
エジンバラ大学、バーミンガム大学博士課程に学ぶ。その間、ルーマニア・アカデミー歴史学研究所研究生。国際政治学博士(PhD)。国連大学国際紛争研究所インターン、夏期講習クラスコーディネーター、法政大学国際日本学研究所客員研究員等を経て、現在、早稲田大学エクステンションセンター講師、日本経済大学神戸三宮キャンパス教授。
月別アーカイブ
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
カテゴリーアーカイブ
カンボジア (27)
スイス (26)
スポーツと社会 (115)
ネパール (26)
国際事情(欧州を除く) (225)
大震災/原発事故と日本 (29)
御挨拶 (13)
日本政治 (124)
日本社会 (263)
映画で観る世界と社会 (291)
欧州事情 (93)
留学生日記 (70)
英国 (96)

ページトップへ

カレンダー
<< 2015年04月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
相席屋は社会の何を象徴しているのか?
傷付け合うことが不可避ならば、答えはこれしかない?: 映画『3月のライオン 前半』の疑似性の温かさ
どれ程、国が儲かっていても、格差がある限り政治は急進化する
甲子園で行われる試合は、多かれ少なかれ、自然から影響を受けることを前提としている
子供の頃の思い出も、大人になれば美化される: 映画『やかまし村の春・夏・秋・冬』におけるステレオタイプ
最新コメント
はじめまして、書き込...
Posted by たか
あなたもまだお若い。...
Posted by 葵東
青春時代に見て感動し...
Posted by 小林 千三
私は韓国に住んでいま...
Posted by 七色無職
†講談社「週刊現代」...
Posted by 鈴木有介
最新トラックバック
この社会での性的魅力
from 哲学はなぜ間違うのか
ひとつ/長渕剛(Cover)
from 今日の天草