QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




グローバル化は足元からやってくる ~国際学で切り取る世界と社会~

2011年9月17日 07:37

ギリシャ危機(1):政治家のジレンマ

欧州連合(EU)のユーロ圏17カ国は9月16日、債務不履行(デフォルト)危機にあるギリシャへの追加支援の早期実行を決定しました。これで、同国の近日中のデフォルトは回避されたと報じられています。

ギリシャの経済危機はここ何年か言われ続けてきましたし、そもそもギリシャは過去、200年の間、債務不履行と債務条件変更の年数は50%を超えており、歴史的にデフォルトを繰り返してきた国家です(高橋洋一「ニュースの深層」『現代ビジネス』2010年5月10日)。

それが、今回これ程、世界的に注目されているのは、ギリシャがEU加盟国であり、2002年以来、ユーロ圏であるからです。通常のデフォルトの場合、国家としての自主権が奪われ、IMFの管理下に緊縮財政を余儀なくされますが、今、ギリシャはユーロという共通通貨を用いていますのでユーロ圏全体に多大な影響を及ぼす危険性があります。

そして、ギリシャのデフォルトによって引き起こされるユーロ安は(既に始まっていますが)更なる円高を導き、日本の輸出産業にとっては大きなマイナス要因となりますので日本にとっても他人事ではありません。

むしろ、今回のデフォルト危機が示すのは、「ギリシャの変化」ではなく、グローバル化によってギリシャのデフォルトに影響を受けてしまうようになった「世界の変化」であるように見るべきです。

更に、この数年、先進諸国がギリシャ危機に怯えてきましたのは、昔と変わらないギリシャに対してだけではなく、ギリシャに自国の近未来の姿を重ねてきたからでしょう。

先日、ある高名な経済学者の方とお話ししました際、その先生は、今日、先進国の政府は、左派(革新)よりでも右派(保守)よりでも国内的にはセンターレフトの政策しか選択できなくなっているのではないかと言われていました。

グローバル化による格差化対策、少子化対策、高齢化対策、雇用(失業)問題等、先進国の共通課題に対策を講じれば、どの国にも必然的に財政赤字を抱え込んでしまいます。

ギリシャ化を恐れ、財政再建を打ち出すと、国内的には不評を招き、与党は選挙に敗北することになります。

例外的に選挙(2010年5月)で勝ち、財政再建を推進したのが英国の保守党と自由民主党の連立政権なのですが、財政再建によって人々の生活は苦しくなり(実際は、それ程単純ではありませんので8月13日14日16日のコラムをお読みください)、そのような状況が先月、貧困層を中心とする大暴動を誘発してしまうのです。英国は今後、貧困対策に真剣に取り組まなくてはなりませんが、そうしますとまた、財政赤字が膨らみます。

先進国の政治家は結局、選挙(英国の場合は暴動も)を考えれば、センターレフトの政策しか採用できない、しかし、同時に、ギリシャと同様の道を歩みたくはないという「ジレンマ」は解決されていません。

しばらく、先進国の政権与党は、センターレフトの諸政策を採り、グローバル化対策をしながら、ギリシャ化しない程度に財政赤字を抑えるという「綱渡り」が求められるのかもしれません。不安定な政治状況が各国で続くことになるのでしょう。

この記事へのコメント

1. Posted by 鈴木有介 2012年2月21日 20:05

㈱講談社「週刊現代」編集部の鈴木有介と申します。安井先生のブログを拝見しまして、ぜひコメント取材をお願いしたいと思っておりますが、連絡先はこちらでよろしいのでしょうか? 昨年9月14日記載の「猫ひろし」についてのお話をより深く伺いたいのですが。ご多忙の中、大変恐縮ですが、御返信をお待ちしております。

プロフィール
安井裕司
安井裕司
エジンバラ大学、バーミンガム大学博士課程に学ぶ。その間、ルーマニア・アカデミー歴史学研究所研究生。国際政治学博士(PhD)。国連大学国際紛争研究所インターン、夏期講習クラスコーディネーター、法政大学国際日本学研究所客員研究員等を経て、現在、早稲田大学エクステンションセンター講師、日本経済大学神戸三宮キャンパス教授。
月別アーカイブ
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
カテゴリーアーカイブ
カンボジア (27)
スイス (26)
スポーツと社会 (114)
ネパール (26)
国際事情(欧州を除く) (223)
大震災/原発事故と日本 (28)
御挨拶 (13)
日本政治 (121)
日本社会 (258)
映画で観る世界と社会 (284)
欧州事情 (92)
留学生日記 (66)
英国 (96)

ページトップへ

カレンダー
<< 2015年04月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
恋愛映画は社会の恋愛観を映し出す: 映画『ひるなかの流星』における選択
映画評論家バリー・ノーマン氏から学んだこと
プロパガンダ映画を作るという恋愛映画: 映画『人生はシネマティック!』の洒落れた嘘っぽさ
2017年 ネパール滞在記(11): 6,7日目 次、どこにいきましょうか?
2017年 ネパール滞在記(10): 5日目 You're Beautiful
最新コメント
はじめまして、書き込...
Posted by たか
あなたもまだお若い。...
Posted by 葵東
青春時代に見て感動し...
Posted by 小林 千三
私は韓国に住んでいま...
Posted by 七色無職
†講談社「週刊現代」...
Posted by 鈴木有介
最新トラックバック
この社会での性的魅力
from 哲学はなぜ間違うのか
ひとつ/長渕剛(Cover)
from 今日の天草