QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




グローバル化は足元からやってくる ~国際学で切り取る世界と社会~

2017年11月 6日 00:00

子供の頃の思い出も、大人になれば美化される: 映画『やかまし村の春・夏・秋・冬』におけるステレオタイプ

大人になると子供時代の思い出は、無意識に美化されているのかもしれせん。

『やかまし村の春・夏・秋・冬』(原題 Mer om oss barn i Bullerbyn)
制作国 スウェーデン
制作年 1987年
監督 ラッセ・ハルストレム
出演 リンダ・ベリーストレム, アンナ・サリーン, ヘンリク・ラーソン

あらすじ
【『やかまし村の子どもたち』(1986年)の続編。舞台は、1930年代のスウェーデンのスモーランド地方。わずか3軒(北屋敷、中屋敷、南屋敷)しか無い田舎村・通称「やかまし村」には女の子4人、男の子3人の子供たちがいる。中屋敷の長女リーサの眼を通して、物語が語られていく。前作の夏休み明けで終わったところから始まり、秋から冬と季節は巡り、クリスマス、大晦日、ニューイヤー、そして春が訪れる。】

前作は、子供たちのひと夏の思い出が描かれていました。当ブログ、2016年3月21日付で記しました通り、原作者の(『長くつしたのピッピ』シリーズで有名な)アストリッド・リンドグレーンの思い出が理想化されています(2作ともリンドグレーンが脚本を担当している)。

そして、その美しい自然は、「スウェーデンの田舎」のステレオタイプを象徴するようになり、「ブラビィ・シンドローム」と呼ばれているのです。

そのような見方があることを差し引いても、この作品は子供たちの目から見た日常が生き生きと描かれています。

何もない日常の中での季節の変化、クリスマスや年越しのわくわく感が子供たちの表情から伝わってきます。

いつの間にか大人は、子供時代のわくわく感を失ってしまうのでしょうか。もちろん、大人になればプレゼントを貰う側から、あげる側に役割が変わったとも言えますが、本作を観れば、直ぐに昨日のことのように思い出したような気分になります。

そう考えると、この映画は大人のためにあるのでしょう。

そして、「スウェーデンの田舎」のステレオタイプであると同じく、この映画は「子供時代」のステレオタイプなのかもしれません。

そこには、嫌な思い出は原則として描かれません。

確かに、子供の頃、クリスマスも大晦日も楽しかったのですが、本当は友達と喧嘩したり、先生や両親に怒られたり、テストが悪かったり、多かれ少なかれ誰にでもあると思うのです。しかし、「やかまし村」は、セピア色の理想の(スウェーデン人以外にとっては異国の)子供時代なのです。

それでも良いと考えるか、やはり、これは虚像だと考えるかで作品の捉え方が大きくことなるのではないでしょうか。

2017年11月 5日 17:36

日本男子は、気持ちを言葉にしない!?

私が勤務する大学に学ぶ中国人の留学生が、「日本人の男性は変です」と言ってきました。

彼女の知人の中国人女性と日本人男性の3組のカップル(学生、独身同士)がいて、共に日本人男性から言葉が足りないことを不満に思っているというのです。

中国では恋人同士は、毎日、「愛している」とか「大好きだよ」とか、SNSでやり取りするのが普通だそうですが、日本人の「彼」はあまり、気持ちを言葉(文字)にしないというのです。

私は、第一に、若者が恋愛を避ける傾向がある今日、外国人女性と(というか女性と)、お付き合いしているだけで十分立派だと思うのですが、それでも、言葉が足りないという「伝統的?」な日本男子の系譜に今の若者(少なくとも何人か)がいることにも興味を抱きました。

まず、私は、言葉は補完的なものに過ぎないと認識します。

毎日、会っているカップルが、毎日、「好きだよ」「愛している」と書いて、愛を確認する必要はないのではないでしょうか(もちろん、そうしても問題はないのですが、そのことで日本男子が責められる必要は無いと感じます)。

ただ、何らかの理由があって、長距離恋愛をしており、週に1回、数週間に1回しか会えないならば、文字化することも求められるかもしれません。

ビートルズの「All My Loving」(1963年)という名曲は、離れている恋人に「僕は、君に手紙を毎日、毎日書くよ」と約束する(正確には、一方的に宣言する)曲です。離れているからこそ、文字化するのです。

【今なら、LineやFacebook, Skypeで気持ちの文字化も簡単ですし、会話することもできますから、もう、この曲も成立しないかもしれません。ただ、「All My Loving」のポールの歌声を聞いていると、手紙のほうが、距離が感じられて趣があります。】

反対に、一緒にいるなら、歯の浮くような(嘘臭い)言葉は要らないのではないでしょうか。時間を共有していることによって、互いの存在が甘い言葉よりも上回るような気がします。逆に遠距離ならば、言葉の嘘臭さを距離が消してくれ、「純粋さ」だけが伝わるのかもしれません。

そんなことを考えて、冒頭の3組カップルは遠距離恋愛なのですか?と尋ねたところ、「はい、そうです。国を跨いだ遠距離です」と答えが返ってきました。

それじゃ、あかん。日本男子。気持ち(All your loving) を言葉にして贈らなくちゃ。

2017年11月 4日 17:19

君とお金のために結婚するのではない: 映画『静かなる男』における持参金というプライド

理想の「持参金」とは何かを考えさせられます。

『静かなる男』(原題 The Quiet Man)
制作国 米国
制作年 1952年
監督 ジョン・フォード
出演 ジョン・ウェイン, モーリン・オハラ

あらすじ
【1950年代のアイルランドの田舎村イニスフリー。その村で生まれ、米国で育った青年ショーンは、米国でボクサーをしていたが、引退し、村に帰ってくる。彼は自分の生家を金持ちの後家ティレーンから購入したが、その家を欲しがっていた隣接する地主レッド・ウィル・ダナハーの怒りを買ってしまう。そのような中、ショーンが一目ぼれした女性がレッドの妹メリー・ケイトであることが判明する。ジョーンは、意を決してメリー・ケイトとの交際と結婚を申し込むが、兄レッドに反対されてしまう。村人の協力があって2人は何とか結婚したが、レッドはメリー・ケイトの持参金を払わない。メリー・ケイトはショーンに力づくで、レッドと闘って欲しいが、レッドはボクシングの最後の試合で人を殺してしまい、以降、人を殴れなくなっていた。そんなことも知らないメリー・ケイトは、自分のために戦わないショーンを批判し、家をでる。】

米国を代表する俳優ジョン・ウェインと米国を代表する監督ジョン・フォードのコンビ作品です。2人はアイルランド系米国であり、アイルランドの田舎に帰る米国人ボクサーの物語を描きます。

この作品では、メリー・ケイトの結婚の際の「持参金」が需要な役割を担います。彼女は、ショーンと結婚するのですが、(家具と)「持参金」の支払いを兄が拒絶し、彼女自身も「結婚生活」を送れないと言い出します。

それに対し、米国育ちのショーンは、「君だけで十分だ」、「お金のために、君と結婚したいのではない」と彼の「米国的」価値観を語ります。

しかしながら、メリー・ケイトは、(家具と)「持参金」が自己の証明であり、自分と切り離すことができないと主張します。

そこには、自分にお金を付け足すようなネガティブさはなく、自分が自分の所有物を奪われているというような感覚なのです。

ネタバレですが、ショーンは「持参金」をレッドから奪い、その場で燃やしてしまいます。メリー・ケイトもそれを「勿体ない」と思わず、意気揚々と帰宅していくのです。

彼女にとって「持参金」とは、お金ではなくプライドであったことが分かります。それは、結婚するための不可欠な要素であり、一度、獲得すれば、燃やしてもいいのです。むしろ、兄がなかなかくれなかったことで、燃やしてしまったほうが、ジョーンやメリー・ケイトのプライドが満たされることにもなります。

「持参金」を燃やすことで、本当のプライドを持ち帰る姿に、(実際にアイルランド人がそのような選択をそうするかどうかは別として)米国人が想像する理想としてのアイルランド性があるのかもしれません。

2017年11月 1日 00:27

そうか、君はピアノを捨てて、愛の言葉を信じるのか

ピアノを習っているある独身女性の知人から、ピアノを辞めたいのだけどきっかけがないと相談されました。

本当のところは相談ではなく、偶然、勤務校の学園祭で1年ぶりにお会いし、お茶をしながらたわいのない会話していたところ、脱線したのでした。

彼女は、特に音楽が嫌いなのではなく、漠然と好きだから続けてもいいのだけど、何となく続ける理由もないと言われるのです。

それでは、(私も音楽が好きなので)音楽が好きな理由を、共に考えようということになりました。

私は、極めて独断と偏見ながら、言葉よりも写真(映像)よりも音楽が信じられると申し上げました。

言葉は、瞬間において(嘘をついていなければ)真実なのですが、政治家の公約を観ても、会社のモットーを観ても、恋愛の告白をみても、長期的な有効性を見出すのは難しいように感じます。

長期的な約束をするには、何度も言葉で「契約更新」を図らなければならなく、語り続ける必要があるのです(言葉は続けるならば、信じられます)。

写真も、一瞬の真実ではありますが、ある場面は全体を映している訳ではありません。映画はドキュメンタリー以外、フィクションを前提として存在します。ドキュメンタリー映画は真実を描いていることになっていますが、作り手の「主張」が入り込むだけに、「主観的」ではあります。

一方、音楽は、「瞬間」ではなく、音楽が流れている「間」において、点ではなく、線として表現します。(大半の映画作品と同じようにフィクションですが)言葉と音楽の調和する「間」は、信じられるような気がするのです。

(ちなみに、ジョージ・ルーカスが言う通り、「映画というものは、それが幻想であるところに秘訣がある」のであり、それ故に、制作された時代や社会を反映することがあるのです。つまり、映画は時に、信じられない虚像に真実が宿るという逆説が成立します。)。

私は、知人の女性に、上記の極めて感覚的な話をして、ピアノは信じられるから辞めないほうがいいかもしれないと非常に軟らかく進言致しました。

私の長話を聞いておられた彼女は、「そうかもしれません。でも、結婚するなら、今すぐ、ピアノを辞められるんです」、「今のところ、相手はいないけど、辞められるように頑張ります」と返してきました。

そうか、君は音楽を捨てて、愛の言葉を信じて生きていくのか。If you want to be happy, be!

彼女は、「先生、また、来年会いましょう」と去っていきました。

2017年10月31日 20:25

北朝鮮に行っていなければ、北朝鮮を語れないのか?

私は、勤務校(大学)で「社会学」及び「国際関係論」を担当しており、早稲田大学エクステンションセンターでは「国際時事問題」や「映画からみるヨーロッパ社会」等を担当しています。

色々な国や地域の話をします。私は、ヨーロッパの4カ国に長期滞在し、旅行ではヨーロッパ各地に足を運びました。

しかし、それでも行ったことのない国や地域、街があります。会っていない人(々)がいます。

先日、北朝鮮の問題を取り上げたところ、ある留学生から「先生は、北朝鮮に行ったことがあるのですか?」と問われました(「行ったことがないのならば分からないだろう」というニュアンスでした)。

私は、北朝鮮に行ったことはありません。しかしながら、20代前半、ルーマニアという北朝鮮と共通性のある国家を滞在にし、短期間ながら研究対象にしていたことがあります。それ故に、想像力を働かせることはできます。

もちろん、ルーマニアと北朝鮮が同じではあるとは言いませんが、共通性があることも事実です。その共通性がある限り、何かを分析することはできるような気がするのです。

仮に、ルーマニアに行ったことがなかったとしても、それでも、何かを考えることはできると思います。

経験論については、当ブログ2012年3月 3日付でスイスを例に言及していますが(「経験主義を超えて(1):何年スイスに住んだらスイスを理解できるのか?」)、経験をしないと語れないという主張は、思考を失わせてしまうのです。

世界の人口は、約76億人(国連経済社会局)であり、それぞれの経験があります。会ってみなければ、人を語れないとすれば(私たちは一生の間、数千人かせいぜい数万人しか会いえないのですから)何も言えなくなってしまいます。しかし、私たちは自らの経験を持って、人の痛みや喜びを理解することができるのではないでしょうか。

国家についても、世界中の国に行くことはできません。行ったことないから、〇〇国は分からないと言い切ることはできるかもしれません。ただ、私は、人は経験を基に想像することが重要であると思うのです。

もちろん、私は経験を軽視するつもりはありません。行かなければ分からないことは、当然、あります。行ってもいないのに、決めつけてはいけないのです。

経験豊かな(北朝鮮等の)特定地域の専門家は、専門家の見地から社会的な発言をすることを求められるでしょう。

素人はプロではありません。だから、専門家の言葉は、敬意を持って拝聴しなければいけないでしょう。しかし、それでも自分の経験を基に、他国、他者を想像することは無意味ではないと考えます。

プロフィール
安井裕司
安井裕司
エジンバラ大学、バーミンガム大学博士課程に学ぶ。その間、ルーマニア・アカデミー歴史学研究所研究生。国際政治学博士(PhD)。国連大学国際紛争研究所インターン、夏期講習クラスコーディネーター、法政大学国際日本学研究所客員研究員等を経て、現在、早稲田大学エクステンションセンター講師、日本経済大学神戸三宮キャンパス教授。
月別アーカイブ
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
カテゴリーアーカイブ
カンボジア (27)
スイス (26)
スポーツと社会 (114)
ネパール (26)
国際事情(欧州を除く) (225)
大震災/原発事故と日本 (29)
御挨拶 (13)
日本政治 (124)
日本社会 (262)
映画で観る世界と社会 (290)
欧州事情 (92)
留学生日記 (70)
英国 (96)

ページトップへ

カレンダー
<< 2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
子供の頃の思い出も、大人になれば美化される: 映画『やかまし村の春・夏・秋・冬』におけるステレオタイプ
日本男子は、気持ちを言葉にしない!?
君とお金のために結婚するのではない: 映画『静かなる男』における持参金というプライド
そうか、君はピアノを捨てて、愛の言葉を信じるのか
北朝鮮に行っていなければ、北朝鮮を語れないのか?
最新コメント
はじめまして、書き込...
Posted by たか
あなたもまだお若い。...
Posted by 葵東
青春時代に見て感動し...
Posted by 小林 千三
私は韓国に住んでいま...
Posted by 七色無職
†講談社「週刊現代」...
Posted by 鈴木有介
最新トラックバック
この社会での性的魅力
from 哲学はなぜ間違うのか
ひとつ/長渕剛(Cover)
from 今日の天草