QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




グローバル化は足元からやってくる ~国際学で切り取る世界と社会~

2017年7月15日 20:55

世の中は金と力なのか?: 映画『忍びの国』が問う真意は何か

謀がテーマの映画です。

『忍びの国』
制作国  日本
制作年 2017年
監督 中村義洋
出演 大野智、石原さとみ、伊勢谷友介、鈴木亮平

あらすじ
【戦国時代。織田信長は周囲の敵を滅ぼし、破竹の勢いで天下統一を図ろうとしているが、十二家(定衆)が巧みに治める「忍びの国」伊賀だけは、織田家の支配下に入っていなかった。隣国伊勢では信長の次男信雄が支配し、伊賀攻めを狙っていた。一方、伊賀の住民である忍びたちは、自分の利益だけに終始し、無駄な戦いを繰り返している。特に、伊賀一の忍びを自負する無門は、「妻」お国に言われるまま金のために戦い続ける。そのような中、十二家定衆の一人・下山甲斐の長男・下山平兵衛は、実の弟を無門に殺害されたにもかかわらず、何とも思わない父や仲間に嫌気が差し、伊勢の織田家に寝返り、伊賀の滅亡を願うようになる。伊賀攻めを決意する伊勢の織田軍に対し、十二家定衆は狡賢く、無門は私欲のために戦う。】

この映画では人間の弱さが描かれます。

伊賀の住民である忍びたちは金のためにしか動きません。良く言えば、卓越した忍びの能力を売るプロであり、悪く言えば、自分の利益しか考えていない利己主義者です。

伊賀の敵として描かれる伊勢の軍勢は、織田家という強者の前では、前の主君も裏切って殺害することも厭わない、提灯担ぎたちです。

強い者、金を持つ者が生き残る戦国時代という究極の社会状況の中では(それは現代にも通じると描かれますが)、そうではなければ生きていないのです。

そんな中、人間性は義であると考える下山平兵衛と、金儲けをしているのですが、そもそもそれは「妻」への愛があるという無門は、形而上学的な価値で生きようとします(伊勢の日置大膳も同様な価値を共有している)。

ネタバレですが、無門はスーパーマンであり負けません。ですから、金ではない、保身ではない、力に靡くのでもないシンボルとしてかっこ良く生き続けます。

世俗を超越するスーパースターは、それでもいいのでしょう。ただ、無門が散っていたほうが、リアリティがあったかもしれません。

産業としての映画において、芸能界を代表する俳優(たち)が演じるスーパースターは、それ自体が仕掛けられた存在だからです。

つまり、金ではない力ではないというメッセージが打ち消されてしまうようにも感じるのです。

いや、待てよ。

そう考えると十二家定衆の謀のように、この映画のメッセージは実は、世の中、金と力だというものだったのかもしれないと思えてきました。

2017年7月14日 00:32

ISの弱体化は欧州のテロを止めるのか?

7月10日、イラクのハイダル・アル=アバディ首相は、イラクの第二の都市で、「イスラム国」(IS)のイラクにおける最大拠点であったモスルが陥落したと宣言しました(JIJI.com, 7月11日)。

モスルの奪回をもって、ISが完全降伏するとはみられておらず、ゲリラ戦が展開されるだろうと見られています(THE PAGE, 7月12日)。しかしながら、国家としてのISは、大きな敗北を喫したのは確かでしょう。

ISが国家としての弱体化しているにもかかわらず、英国ではテロが続いています。

2017年3月22日、ロンドン・シティのウェストミンスター橋でテロがあり、2人が死亡し、少なくとも20人以上が負傷したとされています(The Huffington Post, 3月23日)。

5月22日にはマンチェスターの「マンチェスター・アリーナ」で自爆テロが起こり、死者22人、負傷者116人を数えています("Manchester attack: National minute's silence held", BBC, 25 May 2017)。

6月3日には、ロンドンブリッジでテロ事件が発生し、8人が死亡し、少なくとも48人が負傷しています("London attack: Family pays tribute to 'beautiful daughter'" BBC, 8 June 2017)。


これらは全て、ISの政治思想や行動に共鳴した英国国籍の人物が容疑者として絡んでいます。そして、いずれのテロに対してISが犯行声明を出しています(The Huffington Post, 3月24日; Bloomberg, 5月23日; Newsweek, 6月5日)。

例えば、6月のロンドンブリッジ・テロでは、ISは、IS傘下のメディア「アマック」を通じ、「派遣されたイスラム国兵士らが昨日のロンドン襲撃事件を行った」との声明を流しているのです(Newsweek, 6月5日)。

しかしながら、拠点が次々に陥落しているISが、テロリストを英国に次々に派遣する余裕があるのでしょうか。

私は、やはり、英国政府は「ホーム・グローン・テロリスト」であることを直視し、テロの根源を英国社会の中に見出さない限り、ISがどれ程、弱体化しても、テロは終わらないと考えます。

2017年6月19日、フィンズベリー・パークで生じたテロ事件は、英国のテロが新たな展開に入ったことを知らしめました。断食月(ラマダン)の夜間礼拝のため、多くのイスラム教徒が集合している中を、48歳の白人男性が車で突っ込み、1名が死亡し、10名が負傷したのです(ロイター、6月19日)。

英国籍の白人男性によるイスラム教徒へのテロは全く、ISは関与していません。この容疑者は、直接的にISに対してテロを起こした訳でもないのです。

もっと日常的な、もっと身近なところでテロとテロの報復が行われているのです。足元から見直す必要があります。

2017年7月 6日 10:29

ファウンダー(創業者)とは何か: 映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』で問われるオリジナリティの意味

誰もが知っている世界のマクドナルドの「始まり」は、あまり知られていません。

『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』(原題 The Founder)
制作国  米国
制作年 2016年
監督 ジョン・リー・ハンコック
出演 マイケル・キートン

あらすじ
【1954年米国イリノイ州。ミルクシェイク製造機の販売をしている中年男性レイ・クロックは、米国カリフォリニアのハンバーガーショップ「マクドナルド」から注文が入り、現地に赴く。そこには、無駄のない合理的なサービス、コスト削減、満足する顧客たちの笑顔など、今まで見たことないビジネスがあった。クロックは、同店を経営するマック・マクドナルド、ディック・マクドナルドの兄弟を説得し、「マクドナルド」のフランチャイズ化を展開しようとする。クロックを信じきれない兄弟は、長文の細かい契約書を作成する。クロックは、自宅を担保に入れてまでフランチャイズを成功させると、利益配分が不公平な契約書を破棄したいと思うようになる。新たな参謀も加え、クロックはマクドナルド兄弟との闘い勝利し、「マクドナルド」の世界帝国の「創業者(ファウンダー)」となっていく。】

本作品では、レイ・クロックが主人公なのですが、彼の理屈は理解できても、好感が持てるようには描いていません。クロックは、本当の意味での創業者であるマクドナルド兄弟のコンセプトを乗っ取る形で成功を収めるからです。

しかしながら、オリジナルに固執するマクドナルド兄弟の経営方針では、今日のマクドナルドは生まれなかったでしょう。地元のアイディアで満ちた「キラリと光るお店」で終わってしまうのです(もちろん、それが悪い訳ではありません)。

毎年、世界のブランド・ランキングのトップ10に入ってくる(グローバル化のシンボルの一つでもある)マクドナルドの「創業者」(ファウンダー)は誰かといえば、作品では「嫌な男」であってもクロックになるのです。

クロックを評価も批判もできる本作品は、よくできていると思います。生き方としては、マクドナルド兄弟もクロックもありなのです。

ファーストフードのビジネスでグローバルに成功するには、クロック流が間違ってはいないのかもしれません。

と同時に、この映画は1日に3回、30日間、マクドナルドのだけを食べ続けたらどうなるかを問う『スーパーサイズ・ミー』(2004年米国)等、マクドナルド・バッシングを経た後に出てきたことも見逃せません。

その上で、マクドナルド兄弟のやり方がクロックに飲み込まれてしまう事実をどう認識するかは、観客の価値観に委ねられています。

2017年7月 5日 10:15

結局、「権力」と「支配」を受け入れるかは有権者次第

権力を持っている人は、自分が権力を担っていることを自覚しなければいけないと感じます。しかしながら、意外にも、無自覚な状態でいる人が少なくないことに驚きます。

東京都議会選挙中、稲田朋美防衛大臣が東京都板橋区内で開かれた自民党の都議選候補の集会に出席し、「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい」と発言したことが批判されています(JIJI.com, 6月28日)。

選挙前において通常、特定の政党だけを批判することは許されないのですが、稲田大臣のルール破りは、結果的にマスコミ各社に自民党批判をさせることになり、選挙に大きな影響を与えることになりました。

言うまでもなく、稲田氏は防衛大臣ですから権力者であり、権力を用いて選挙に介入することは許されるべきではありません。線引きは難しいとは言え、政党人としての活動に限定されるべきであります。

海の向こうでは、米国のドナルド トランプ大統領が(自らの政権に批判的なケーブルテレビ放送局である)CNNのロゴになっている男性を自身がボコボコに殴っている動画をツイッターで投稿しました(Newsweek, 2017年7月3日)。大統領の「おふざけ」としては洒落にならないものがあります。

権力の定義は論者によって様々ですが、主要なところを繋ぎ合わせれば、権力とは「自己の意思を他人の行動に対して押し付ける可能性」(マックス・ウェーバー『支配の社会学』)とされ、権力者になり得る者が、権力資源を投入する意志があり、権力を受け入れる者によってそれが認識されて初めて「権力化」されると言われます(ハロルド・ラスウェル『権力と人間』)。そして、権力による「支配」の構造は、「支配者」と「被支配者」の相互作用(ゲオルク・ジンメル『社会分化論社会学』)ということになります。

つまり、受けて側も「権力」による「支配」(学問上の「支配」という表現は、一般にあまり分かり易い言葉ではないのですが)を受け入れなくてはいけないのです。稲田大臣やトランプ大統領の言動が、支配の「相互作用」の枠内に留まっているのかどうかは、結局のところ受け手側次第となります。

もし、それを拒否するとすれは、それは「被支配者」である選挙民の意思であり、少なくても稲田大臣に関しましては、私たちが大臣の権力による「支配の構造」を受け入れられるかどうかを、選挙等を通じて判断しなければいけないことになります。

2017年7月 4日 21:24

東京都議会選挙とフランスの国民議会選挙

東京都議会議員選挙が終わり、周知の通り、小池百合子知事が率いる「都民ファーストの会」が、55議席を獲得し圧勝しました。選挙前に小池支持を打ち出していました公明党が、23議席(第二党)、生活者ネットが1議席獲得しており、合計79議席で都議会の過半数を制しました。

森友学園、加計学園問題に、衆議院議員や大臣の失言、献金疑惑と自由民主党の「自爆的」な要素が強く、「都民ファーストの会」の勝利よりも自由民主党の敗北(57議席から23議席へ)が印象深い選挙となりました。

民進党も、自民党のマイナス議席を拾うどころか改選前の7議席から2議席減らして5議席に留まっており、共産党と公明党以外の既成政党は敗北したと言えます。

その理由は違うのですが、6月18日に行われたフランスの国民議会(下院)選挙の結果に似ています。

フランスの第二回投票では、エマニュエル・マクロン新大統領率いる「共和国前進」と協力政党が約6割に相当する350議席を獲得して圧勝しました。

政権を担ってきた二大政党の一つである社会党陣営は44議席(8割マイナス)、もう一つの共和党陣営137議席(半減)と惨敗でした。フランスの政治の主役であった既成政党にとっては大変厳しい結果です。

大統領選挙で話題となった極右の国民戦線は8議席に留まりました。日本の選挙でも右翼の台頭は現段階ではまだ見られません。

しかしながら、低い投票率は不気味な共通点です。

フランスの国民議会の第一回目の投票率は48.70%で、第二回目が42.64%でした。過去と比較し、高いとは言えない2017年5月の大統領選挙でさえ、第一回目が77.77%、第二回目が74.56%ですので、今回の国民議会選挙が、いかに国民にとって関心がなかったかが分かります。

マクロン大統領の「共和国前進」は、この低い投票率の中において得票率は半分以下(第2回目の得票率は43.06%)なのです。

さて、東京都議会選挙のほうも、投票率は51.28%でした。前回は、43.50%でしたので随分上昇したとはいえ、約半分です。その中で小池百合子知事の「都民ファーストの会」の得票率は33.68%だったのです。

もちろん、東京都議会選挙は国政選挙ではなく、総選挙になればどうなるかは分かりません。

ただ、フランスも日本も、選挙に行かなかった半数の人々の政治意識はどのようなものなのでしょうか。マクロン大統領の「共和国前進」や小池知事の「都民ファーストの会」を消極的であっても支持しているのでしょうか。

何かこれから大きな変化があるように思えてなりません。

プロフィール
安井裕司
安井裕司
エジンバラ大学、バーミンガム大学博士課程に学ぶ。その間、ルーマニア・アカデミー歴史学研究所研究生。国際政治学博士(PhD)。国連大学国際紛争研究所インターン、夏期講習クラスコーディネーター、法政大学国際日本学研究所客員研究員等を経て、現在、早稲田大学エクステンションセンター講師、日本経済大学神戸三宮キャンパス教授。
月別アーカイブ
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
カテゴリーアーカイブ
カンボジア (27)
スイス (25)
スポーツと社会 (111)
ネパール (15)
国際事情(欧州を除く) (219)
大震災/原発事故と日本 (28)
御挨拶 (13)
日本政治 (118)
日本社会 (253)
映画で観る世界と社会 (270)
欧州事情 (90)
留学生日記 (59)
英国 (95)

ページトップへ

カレンダー
<< 2017年07月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
世の中は金と力なのか?: 映画『忍びの国』が問う真意は何か
ISの弱体化は欧州のテロを止めるのか?
ファウンダー(創業者)とは何か: 映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』で問われるオリジナリティの意味
結局、「権力」と「支配」を受け入れるかは有権者次第
東京都議会選挙とフランスの国民議会選挙
最新コメント
はじめまして、書き込...
Posted by たか
あなたもまだお若い。...
Posted by 葵東
青春時代に見て感動し...
Posted by 小林 千三
私は韓国に住んでいま...
Posted by 七色無職
†講談社「週刊現代」...
Posted by 鈴木有介
最新トラックバック
この社会での性的魅力
from 哲学はなぜ間違うのか
ひとつ/長渕剛(Cover)
from 今日の天草