QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




憲法から時代をよむ

”憲法”というと難しい条文がズラズラ並んでいる硬いイメージがあるかもしれません。一方で改憲の議論がなされる昨今、一人ひとりが真摯に向き合い、考えるべき問題でもあります。今回水島先生が憲法に関する難しい言葉や複雑な話を、生きた素材を用いてわかりやすく、又意外な視点から私たちに示してくださいます。皆さんのなかで日本国憲法が身近に感じられ、考え直すきっかけになりますように。

水島 朝穂 (みずしま あさほ):早稲田大学法学学術院教授 プロフィール 1953年東京都府中市生まれ。都立国立高校卒。76年法学部卒、78年法学研究科修士課程修了、83年同博士課程満期退学。83年札幌学院大学法学部助教授、89年広島大学総合科学部助教授、96年より本学法学部教授。97年、博士(法学、早稲田大学)の学位を取得。著書は、『現代軍事法制の研究』日本評論社、『武力なき平和』岩波書店、『憲法「私」論』小学館、『同時代への直言』高文研、『ヒロシマと憲法』法律文化社(編著)、『改憲論を診る』同、『改憲は必要か』岩波新書(共著)、『基本法コンメンタール憲法』日本評論社(同)ほ

ページトップへ

ビジネス&キャリア注目コミュニティ