QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん


【お知らせ】2020/9/4
QuonNetは2020年12月25日をもちましてサービスを終了することになりました。
サービスの終了に先立ち、QuonNetへの新規ご登録受付を2020年9月1日をもって終了させていただきました。
ご利用のみなさまには大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

【お問い合わせ】サイト下部の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

トピック

稲土会 新任会長あいさつ  赤木 寛一

  • 会長挨拶
  • ゲストユーザーまで公開
  • 稲土会事務局
  • 2019年10月04日16時03分
 このたび、稲土会長を務めさせていただく運びとなりました。私の稲土会とのつきあいは長く、昭和49年4月に当時の土木工学科に入学以来45年ということになります。学生の頃は、青木楠男先生の米寿お祝いの会で稲土会諸先輩の迫力ある手締めの儀式に圧倒された記憶があります。昭和59年に専任講師となり、後藤正司先生の研究室を引き継いでからは、森麟先生が担当されていた稲土会名簿編集、発行の仕事をやらせていただきました。名簿の仕事を通して、卒業生先輩、後輩諸氏のお名前に接する機会が多かったので、初めてお目にかかった場合にも親しくお話をできたような気がいたします。
 稲土会の転機は、2003年の土木工学科創設60周年に際して組織された記念事業実行委員会であったと思います。このときに学科名称を社会環境工学科に変更し、記念事業実行委員会を母体として稲土会運営委員会を設けて、卒業生諸氏が主体的に運営に関わる現在の仕組みがスタートしました。また会長は当初、早大教員が務めていましたが、教員に加えて各界で活躍されている卒業生に務めていただくことになり、高野孝会長、関博会長、小木曽博会長、飯塚恒生会長、小泉淳会長、台和彦会長のあとを私が継ぐこととなります。
 稲土会の主役は、現役学生の諸君と各支部の皆様であると考えています。学部3年時の就職活動に向けたキャリア教育を目的とする専門選択科目「社会環境工学セミナー」の授業、現場見学では、稲土会会員の皆様のお力添えをいただいています。また、稲土会運営委員会では支部サポート担当を設けて、現役学生の学生部会を含めた各支部の継続的なサポートを行っております。
 このふたつの稲土会の主役を継続的、安定的にサポートする仕組みを維持していくために、このたび稲土会会費制度と事務局体制の見直しを行うこととしました。具体的には、年会費3000円は据え置きとしますが、従来の会費4年分一括払いの一時金会費を廃止して会費納入の安定化を図ることとしました。あわせてキャッシュレス時代に対応するために、従来の口座引落しに加えて、ネット上でのクレジットカードによる会費納入を可能とすることで利便性を高めて、キャッシュレス払いの場合には会費を2500円とすることとしました。また、稲土会事務局の仕事を理工キャンパスにある各学科同窓会を集約した理工学会内の稲土会デスクで、稲土会員の渡部厚さんのご協力をいただいて実施する仕組みとしました。以上の取り組みを通して、稲土会活動の安定化を実現することをお約束して会長就任の挨拶とします。

ページトップへ

早稲田大学稲土会

早稲田大学稲土会

トピック

あなたの意見や疑問など、みんなで話したい話題を投げかけてみましょう

新規会員登録

コミュニティメンバー 一覧

メンバーの最新日記

稲土会千葉支部
    一松 政夫さん (05月29日)
51号館
    稲土会事務局さん (04月04日)
西早稲田キャンパス入学式
    稲土会事務局さん (04月03日)
早稲田は進化せず?
    拓水さん (05月17日)
はじめまして
    拓水さん (05月16日)