QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん


トピック

第21回歴史散策

  • 歴史散策同好会
  • ゲストユーザーまで公開
  • つな川 けん一
  • 2018年05月30日14時09分
第21回歴史散策 ―長尾の里から宿河原用水を経て多摩川へ―
 一週間前の天気予報は雨、開催は危ぶまれたが当日はまさに五月晴れ。爽やかな微風の中、参加者17名が午後1時、南武線久地駅前をスタート、21回目の歴史散策が始まった。
川崎市の北部霊園として有名な、また鎌倉時代には城砦のあった「緑ヶ丘霊園」を通り、長い木段を登ってシラカシの森を抜けると、弥生時代の住居遺跡が発見された「東高根森林公園」の古代広場へ到着。しばし古の雰囲気に浸る。そのあと東名高速の通る谷を越えて、関東36不動霊場6番札所であり、ツツジで有名な等覚院へ。裏道を等覚院へ下る途中、高台から富士山がくっきりと見えた。生憎ツツジの花は終わっていたが、雰囲気のある佇まいに、さすが古刹との感を深くする。
古くから開けた長尾の里を、五所塚、正月の的射が有名な長尾神社、満開には早かったがあじさいで有名な妙楽寺と巡り、途中の開けた高台からは、新宿方面だけでなく、スカイツリー、東京タワーまでも見渡せたことに皆感激、晴天に感謝。 そのあとは二ヶ領用水を渡り、梨畑の脇を通り、緑化センターで小休止。一息ついたあと桜並木が名高い宿河原用水に沿って多摩川の取水関へ。あとは多摩川沿いを登戸駅まで、3時間半にわたる散策は無事終了となりました。 
登戸駅前の中華居酒屋で開いた打上げの懇親会には15名が参加し、冷たいビールで乾杯したあと皆で感想を述べあい親睦を深めました。(児玉總一郎記)
 
 《参加メンバー・敬称略》石野厚、伊藤静子、糸賀大、大江宏器、越智威雄、
児玉總一郎、島岡栄基、杉山博、曽禰純一郎、綱川健一、土肥恭一、戸辺憲、
能智和美、藤田広一、保科卓爾、細見直希、山田隆
 


ページトップへ

早稲田大学川崎稲門会

早稲田大学川崎稲門会

トピック

あなたの意見や疑問など、みんなで話したい話題を投げかけてみましょう

新規会員登録

メンバーの最新日記

ゼクシオ10購入
    藤田 広一さん (08月20日)
ご無沙汰です
    ヨッチャンさん (10月31日)
落ち着き
    ヨッチャンさん (09月21日)
ひさびさ
    ヨッチャンさん (09月13日)
夏休み
    ヨッチャンさん (08月28日)