QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん


トピック

故葉山房夫先生の言葉

  • バッカスについて
  • ゲストユーザーまで公開
  • 中野道彦
  • 2016年10月07日12時39分




故葉山房夫先生は、早稲田バッカスが出来たばかりのころ、チームの事情をよくご理解され、特に理工系学生のスポーツと勉学の両立に共感され、部長を引く受けて下さいました。それ以降早稲田大学を退官された1987年までバッカスの部長としてチームの成長を見守っていただいたバッカスの恩人です。

上記は、葉山先生が退官される直前の1986年開催の第12回早慶ボウルのパンフレットに寄せられたものです。 早稲田バッカス、アメリカンフットボール、そして学生クラブに対する示唆と愛情に富む名文であり、チームのあり方を示すものとして大切にしているものです。

葉山先生ご略歴
1940年4月 早稲田大学理工学部機械工学科卒業
1943年4月 早稲田大学鋳物研究所助手
1945年4月 早稲田大学理工学部助教授(応用金属学科)
1958年4月 早稲田大学理工学部教授(金属工学科)
1962年10月早稲田大学鋳物研究所所長(1968年9月まで)
1987年3月 早稲田大学定年退官
2010年3月 ご逝去(93歳)

【文章再掲】
 今日は同好会チーム同士の早慶戦、春の定期戦です。最近はアメリカンフットボールそのものの人気が非常に上昇し、対抗戦ともなると多勢の方々が声援して下さいます。吾々同好会にも入会してくれる学生も増し、バッカスチームもかなりの人数になりました。昭和47年、先輩達がクラブ作りを始め、チームを作った頃とは雲泥の差があります。その頃の苦労は思いやられます。
 ところで、人気が出たといって甘えてはいけない。慶応ダックスという良い相手との戦い。必ずや悔いのない試合をして人気にもこたえてほしい。
 アメリカンフットボールは学生の行うスポーツとして、まことにふさわしいものと思う。攻撃の都度、戦法を決め、チーム全員がリーダーの指令に基づいて連繋を取り、機敏にしかも能動的に行動する。しかもそこに相手があり、相手の動きにより反射的に頭脳的に対応し、全員がまとまって動くというダイナミカルなスポーツです。
 学生のクラブは先輩、後輩及び同輩のつながりを大切にする教室外での極めて有意義な場所です。その中でもアメリカンフットボールのクラブはそのスポーツそのものからいって遣りがいのあるものです。チーム全員、今日はこれらの意義を十分に発揮すべき日です。日頃の練習に対する場所的時間的制約などなんのその、気力でカバーし、大いに闘って下さい。
 そうすることが相手の慶応ダックスチームに対する礼儀です。お互いの友好は学生時代も社会へ出ても続きます。身体をぶつけ合って、良い試合をして、お互いに今日はよかったたなと言い合えるようにしましょう。

ページトップへ

早稲田バッカス アメリカンフットボール同好会 (理工学術院承認サークル、創部1972年)

早稲田バッカス アメリカンフットボール同好会 (理工学術院承認サークル、創部1972年)

トピック

あなたの意見や疑問など、みんなで話したい話題を投げかけてみましょう

新規会員登録