QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん


トピック

慶応ダックス50周年記念パーティ

  • アドバイザリーグループから
  • ゲストユーザーまで公開
  • 中野道彦
  • 2013年10月08日23時04分

10月6日(日) に開催された慶應ダックス50周年記念パーティに、バッカスを代表して主将の楠君と、バッカス倶楽部現役担当幹事の東松さん(79)が参加しました。 以下は東松さんのレポートです。

+++++

東京ドームホテルで行われた、慶應ダックス50周年記念パーティーに主将の楠君と参加してきました。ダックスOB450人超のうち、260人参加の盛大な会でした。日本協会の理事長浅田さんも来賓としてスピーチをされていました。バッカスの始まりが理工学部の香川さんの張り紙なら、ダックスの始まりは、体育のシーズン実技でフットボールを履修した仲間の中から、小口さんを中心にクラブを作ったのが始まりとのこと。その時、体育会で怪我で練習できなかった浅田さんが実技指導を担当し、小口さんらが浅田さんにクラブを作りたいと相談し、体育会、同好会の垣根を越えて浅田さんが指導したそうです。続くわけないと浅田さんも思っていたそうですが、50年感無量と言っておられました。来賓は、クラブは、バッカスと、レブルス。感心したのは、大変お世話になったとして、中村スポーツのおじさんとおばさんー古い年代しかわからないと思いますがー(おじさんは、学院、学部のプレーヤーです)を招待し、壇上で挨拶をしていただいていたことです。慶応らしい、統制のとれた素晴らしい会でした。でも、早稲田バッカスは違う文化の良さがあるなあと感じた次第。違うやり方でダックスに勝つ。リスペクトしながら、異なるチームカラーで切磋琢磨したいですね。

さて、今日のリーグ戦はダックスは東洋大を47-7で破り、先週、引き分けた日大理工は東大バイキングスに4本差で敗れたそうです。戦国リーグ戦、OBのサポートの重要性大です。

写真は、無理やり260人超の集合写真。山科OB会長の開会の挨拶。イベント、50年最強年代を決める、で2位となった代(昭和51年卒)の代表北澤さんのスピーチ。バッカス倶楽部作井会長のメッセージを山科会長にお渡ししておきました。





 

+++++

ダックス山科会長からは早速作井さんにお礼のメールがあったそうです。


 







 

ページトップへ

早稲田バッカス アメリカンフットボール同好会 (理工学術院承認サークル、創部1972年)

早稲田バッカス アメリカンフットボール同好会 (理工学術院承認サークル、創部1972年)

トピック

あなたの意見や疑問など、みんなで話したい話題を投げかけてみましょう

新規会員登録